FC2ブログ
トリプル安:外国人の「韓国売り」が本格化か(上)・FX必勝法には情報が命!為替と株のニュースを発信!
PR

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプル安:外国人の「韓国売り」が本格化か(上)


 【Oggi、BAILA掲載のNY発ブランド】ネックレス ゴールド Purple multi semi pendant neck
 米国と中国発の金融不安が世界経済を揺るがせている。米国のサブプライム(低所得者向け住宅ローン)問題が長期化し、世界的な信用不安が再び高まっているからだ。その上中国も緊縮財政の動きを示していることから、世界的な株安にも拍車を掛けている。 とりわけ最近の韓国の金融市場では、株・債権・ウォンというウォン建て資産の価値が同時に下落するトリプル安が連日続いており、投資家の不安はさらに高まっている。外国人が韓国の資産を売却して市場を去る「韓国売り」の徴候を示している可能性が高いからだ。◆トリプル安は円キャリーの清算を意味するのか 一般的に株価が下がればより安定した資産である債権へと資金が流れ、債権価格は上昇し金利は下がる。
最新為替情報は・・・為替ランキング

ところが最近の韓国市場ではこの常識が通用しない。株価も債券価格も下がり金利は上がるという現象が起きているのだ。 この異常な現象の原因について市場関係者は、円キャリー(低利の円を借りて高金利の海外市場に投資すること)の清算が韓国市場でも進み始める徴候と受け止める見方が有力だ。 すなわち韓国で株や債権に投資されていた円キャリー資金が、世界的な信用不安で韓国での投資から撤退することにより株と債権が同時に下がっているというのだ。これらの資金は再びドルに換えられることから、ウォン安の原因ともなっているという説明だ。 ウリ投資証券のパク・ジョンヨン研究員は、「カネには色が付いていないため断定はできないが、株と債権が同時に下落し為替もウォン安に振れている現象を説明できるのは、円キャリーの清算だけだろう」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆為替関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
◆為替関連の無料のレポート情報
新しい投資運用の形・ベンダーオペレーションシステムで金持ち父さん

最近は投資ブームでどこもかしこも投資情報が入り乱れています。

株や為替、それ以外にも数多くの投資情報がありますが、
確定的な要素でしかも高利回りの商品は殆どないのが現実です。
金持ち父さんの道はそうそうたやすくはないのでしょうか。…

極秘馬券でお金を増やす『真・投資競馬』

マーケティングの勉強も顧客獲得も必要ない!
極秘馬券でお金を増やす『真・投資競馬』
~ 毎週土日があなたのボーナス日になる ~

競馬は一般的に娯楽やギャンブルと位置づけ
られていますが、それは正解でもあり不正解
でもあります。…

<% IPC%>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。